マレーシア就職を目指したときに、はじめに準備したいこと

《海外就職を目指す人必見》マレーシア就職を目指したときに、はじめに準備したいこと!!


いまから海外での就職を目指す人、または実際にもうマレーシアで働いている人など、
たくさんの人が海外就職、そしてマレーシア就職を目指す、または達成しています。
そして、その人たちの数だけ「就職活動までの道のり」や、達成するまでの「準備期間」が違います。
そこでもしも、いま現在「マレーシア留学」を目指そうという気になっているのであれば、
今回ご紹介する「マレーシア就職を達成するまでの道のり」をぜひ参考にしてみてください!
以下で紹介することは、マレーシア就職を達成させるために
確実にやっておかなければならない作業や準備ばかりです。
あとになって準備していないと焦るまえに、早いうちから準備に取りかかり就職活動に備えることが大切です。
 
マレーシア就職を目指したときに、はじめに準備したいこと!
■履歴書を準備する!
日本にいても就職活動を始めるまえには「履歴書」を準備しますよね。
それと同じで、マレーシアで就職したいというときにも必ず履歴書が必要になります。
ただ、日本とマレーシアで少し違うことが、海外就職で使う履歴書は「英文で書かれた履歴書」を使うということです。
日系企業であれば日本語の履歴書だけでも良いということがありますが、
企業によっては外国人スタッフもいっしょに履歴書をみることがあるので
英文の履歴書もいっしょに送付してほしいということもあるからです。
マレーシアで就職するときには現地に履歴書を送ることが多いのですが、
基本的には電子メールに履歴書ファイルを添付して応募するのが一般的です。
そのため、間違いがないようにファイルを作成し、定期的に内容を更新しておくことも大切です。
 
■自己PRやマレーシアで就職したい理由などを明確にする
就職活動では、必ず書類選考や面接試験があります。そこで大事になるのが「自己PR」や「志望動機」という面です。
限られた文字数と、限られた時間のなかでどれだけ自分をアピールできるか、そして志望動機を分かりやすく面接官に伝えられるかはとても重要になります。
マレーシアで就職活動をすると、よく聞かれるのが「どうしてマレーシアで働きたいのですか」という質問です。
もちろん志望動機も聞かれるのですが、日本の就職活動では聞かれない海外就職ならではの質問もよく聞かれることがあるのです。
この質問の真意、それは「この人は長くマレーシアに暮らせそうか」、「長く働いてくれそうか」、
「慣れない海外生活にも耐えられるか」といったことを知りたいのです。
「この人なら信頼できる」と採用担当者に思ってもらえるような自己PR、そしてマレーシアで就職したい理由を、
言葉に詰まることなくしっかりと自分の言葉で伝えられるように準備しておくことが大切なのです。
 
■現地の人材派遣会社に登録する!
マレーシアで働きたい理由や履歴書などをきちんと準備したら、さっそく「現地の人材派遣会社に登録」しましょう!
個人的に求人情報サイトをみながら求人を探すのも良いですが、大手企業への就職を目指す人や情報の正確さを重視するのであれば、
信頼のおける人材派遣会社に就職のサポートをしてもらったほうが安心です。
人材派遣会社への登録は一般的には無料です。企業に直接自分から応募するのではなく、人材派遣会社を通して応募するようになります。
求人がでている企業に登録者を紹介して就職を支援するのが人材派遣会社の仕事なので、採用されるかどうかを判断することはありません。
そのため、人材派遣会社との面接では、これまでの経験や希望などを包み隠さずにしっかり相談して、自分のことをより知ってもらうことが大切です。
 
■日本にいながら就職活動するならSkype面接でもOK
「仕事がまだ見つかっていない状態でマレーシアにいくのは不安」という人もいれば、
「転職活動中で今はまだ会社勤めをしている」とマレーシアにいく時間が限られている人もいるでしょう。
そういったときでも、企業によっては「Skype面接」を積極的に取り入れているので、
日本にいながらでもマレーシアで働くための就職活動を進めることができます。
面接がうまくいって二次面接、最終面接となったときにはマレーシアでの面接が必要になることも多いですが、
日本在住ということを考慮して面接の日程は比較的希望を伝えやすいようです。
スマートフォンがあれば簡単にSkype面接を受けられるので、今すぐにマレーシアに渡航できなくても就職を諦める必要はありません。

 
就職 海外留学

就職 大学留学

就職 マレーシア

就職 英語留学

就活 留学